スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝



2日でささっとクリア。
このゲーム、評価サイトなんかでもかなりの高評価で、ずっと気になってたんだよね。

確かに、非常に面白かった。
B級アクション映画一本分!みたいなノリとボリュームで、テンポ良くさくさく遊べる。
声優さんも非常に良い仕事をしてて、主人公の軽口が楽しい。
(外見的にも、なんとなくフレンズのジョーイっぽい)
遺跡やジャングルの雰囲気も素晴らしく、冒険してる感じが良く出てる。

ただ、やたら銃撃戦が多いのには閉口した。
遺跡の高い壁をよじ登ったり、死にそうになりながらエルードを駆使してようやくあけた扉の先で敵がワラワラ出てきたりとか。
どっから入ったんだよ、と。
この手のアクションアドベンチャーは、銃撃戦はアクセント程度でいいと思うんだけどな。

色々と実績なんかもあるけど、さすがにこの手のゲームを二週目まで遊ぶ気にはなれないなぁ。

ま、不満点はそれくらい。
最近は暑くてゲームをやる気力が沸かなかったけど、それでも一気にクリアまで遊べる、期待通りの良作でしたよ。
スポンサーサイト
[ 2010/07/25 18:30 ] Action | TB(0) | CM(2)

Iron Grip : Warord




FPSとタワーディフェンスを足した様なゲームですな。

通常のFPSモードと、俯瞰視点のRTSモードを切り替えながら、
一定時間ごとに攻めてくる大量の歩兵、戦車などの敵を撃破していくゲーム。
敵を倒す事で所持金が増え、武器や能力のアップグレードの購入、建築物の設置を行える。

建築物は対人用の銃座や対戦車砲、補給施設等がある。
一部の施設はアップグレードも可能。
攻撃施設は自動で攻撃してくれるが、敵の攻撃を受けると耐久力が減っていくので、
近くで戦いつつ修理する必要がある。

FPSモードで使う武器はマシンガンやショットガン、スナイパーに、敵戦車に有効なロケランや地雷など9種類。

ゲームに勝利するには、一定時間ごとにマップのどこかに沸く「オフィサー」という敵を倒して敵の士気を0にしないといけない。
逆にこちらはマップ中央にある砦を破壊されると士気が下がっていき、0になると敗北。

砦に近づかせないように戦略的に防御施設を配置しつつ、FPSモードで敵を殲滅しながら、オフィサーを倒しにも行かないといけないので非常に忙しい。
高難易度モードは、常にギリギリの戦を強いられる。
難易度が高いだけに、マルチプレイCoopモードで味方と連携をとって敵を殲滅していくのは非常に楽しい。
値段も9.99ドルとお安いのもポイント。

ただ、アイデア自体は悪くないし、ゲームを始めると時間を忘れてはまってしまうんだが、
1マップに時間がかかることもあり次のマップを続けて遊ぼう!という気になりにくい。
全体的になんというか…洗練されてない印象を受ける。
元々UnrealだかQuakeだかのMODだったらしいが、もうちょいグラフィックを綺麗にして、
マップとか要素を増やしていけば、もっちょい人気出そうな気がするんだけど。
いや、いまでもそれなりに人はいるんだが。

そういえば似た感じのゲームで、RTSにTPS要素を足した「Savage2」なんていうのもあったな。
こちらはRTSモードのプレイヤーがマップに施設を建築していき、
それ以外のプレイヤーはRTSのユニットになって戦っていく多人数対戦ゲーム。
戦闘ユニットのアクション性の高さと、建築を補佐するユニットの存在なんかもあってかなり楽しめるゲームだ。
かなり古いゲームだけど、根強い人気があるので未だに人は多い(はず)。
未プレイの人は無料で楽しめるので試してみるといいかも。

http://www.savage2.com/en/main.php
[ 2010/07/14 06:29 ] Action | TB(0) | CM(0)

Bioshock



いまさらながら、Bioshock1をクリア。

さすが名作と言われてるだけあって、滅茶苦茶面白かった!
レトロフューチャーな世界観と、ノスタルジックな音楽がとにかく最高。
エンディングも爽やかで良かったなぁ(LSは全員救助で)。

不満点としては、ハッキングに入った後(直前?)にメッセージが始まって読めない事は多かったのが残念。
あとエンディングのムービーの後、何の余韻もなくいきなりタイトルに戻るがちょっと。
スタッフロールはやっぱ重要ですよ。
ま、個人的に不満点はそんくらいかな。
よく言われてる、死んでもまったくペナルティがなくゴリ押しが出来ちゃう点も、さほど気にならなかった。
(そもそも難易度的にそれほどでもないから、数回しか死ななかったし)

これは2もやらなきゃだ。
[ 2010/07/13 23:01 ] Action | TB(0) | CM(0)

Portal

さくっとクリア。
上級マップはまだだけど、それにしても19面はちょっと短かったかな?

いや、でも面白かった!
レベルデザインも良く出来たしね。
エンディング曲も良かったなぁ。
これはもっと早く遊んでおくべきたった。

そうそう、タレットがやけに可愛かった。これのフィギュアが出たほしいなw

[ 2010/07/04 19:25 ] Action | TB(0) | CM(0)

Clive Barker's jericho

先日、日本語化パッチが完成したという事で購入。
Steamで5ドル。

タイトルにあるとおり、作家として、クリーチャーデザイナーとしても有名な、
「クライブ・バーカー」氏デザインの不気味なクリーチャーと戦いながら、謎の遺跡を探索するFPS。

プレイヤーは「ジェリコ隊」の隊長になり、隊のメンバーを切り替えながら進めていく。

Jerichosquadpic1.jpg
                       俺たちジェリコ隊

どうですか。この一筋縄じゃいかないメンツは。
彼らは全員特殊能力を持っているんだけど、その特殊能力っぷりがまた凄い。

(左から)
コール:ずば抜けた頭脳の持ち主で、独自の「カオス理論」で現実世界をハッキングする。
アビゲイル:テレキネシスの持ち主。スナイパーライフルで、発射した弾丸をあやつり、3匹までの敵を一度に倒す。
ジョーンズ:幽体離脱で敵をのっとり、あやつる。
デルガド:こう見えてもシャーマン。右手に炎の精を宿している。普段は巨大な筒で封印しているが、
      力を解放して敵を焼き尽くす。でも自分もとてもあつい。
チャーチ:自分の血を使って、敵を捕縛する。でも自分もとても痛い。
ファーザー:神父。ヒーラーの能力で、倒れた仲間を復活させる。

こんなX-MENたちを迎え撃つのがバーカー氏デザインのグロテスクなモンスター達。

jericho1.jpg

こんなんとか。

CLIVE3_resize.jpg

こんなんとか。
まぁここらへんで勘弁してあげるとしましょう。

ここらへんの生理的嫌悪に訴えかけるようなデザインはさすがバーカー氏。
探索する遺跡の雰囲気も抜群で、グラフィックも美しく、好きな人にはたまらないゲームになっている。

まだ序盤を進めただけなので、ゲーム事態の出来に関してはあまりこまかく批評する事が出来ないんだけど、
とりあえずいいたいのは、隊のメンバー、つっこみすぎ。
(※修正。しっかりと指示を出し、こちらもしっかり優先順位をつけて倒していけば生存率は上がるようだ)。

まぁ、ストロングホールドが一生モン(いいすぎ?)なので、さすがにアレばっかじゃアレなので、
ちまちまこういうのも進めていこうと思う。

…関係ないけど、バーカー氏といえば「Tortured Soul」という氏のデザインのフィギュアがやたら格好いい。

talisac.jpg

悪趣味すぎ。
でも好きた。

しかし冷静に考えるとこんなのを飾っておいたら落ち着かなくてしょうがない。
[ 2010/05/31 03:00 ] Action | TB(0) | CM(0)

ぽちっちゃった

http://game.gamesplanet.com/produit.html?product_id=1734&category_id=13

Gamesplanetで「Metro2033」が50%オフ。
S.T.A.L.K.E.Rシリーズはハマらせてもらったけど、
このゲームにはさほど興味はなかった。
でも、さすがにこれは買うでしょ。

ちなみにSteamにシリアルいれると認証される。
さすがにこれは買うでしょ。

というわけでポチっと。
[ 2010/05/31 02:05 ] Action | TB(0) | CM(0)

Mount&Blade



馬に乗って剣を振り敵の集団と戦うアクションRPG。
城や町、村が表示された全体MAP画面と3Dの戦闘シーンに分かれています。

身一つでこの世界に放りこまれ、盗賊等を倒してお金や経験地を稼ぎ、町や村で仲間を集め大部隊を作っていきます。
プレイヤーは、
○どこかの国に仕官してわがままな王様にこきつかわながら、他の国と戦って自国を大陸統一に導くのもよし。
○それぞれの国には追放された正統な王位継承者がいるので、彼らをかついで現政権を打ち倒すもよし。
○新興国家を起こし、他の国全てを敵に回して戦争にあけくれるもよし。
○どこにも属さず仲間を率いてぶらぶらするもよし。

好きな様に遊べます。
攻め落とした城や町を自分の領地にする事も可能で、施設の拡張や守備兵の配置なんかにも頭を使います。

また、有志によるMODも複数あり。
ファンタジーMODやフランス100年戦争MOD、システムを大幅に拡張したものなど。
これがまた良くできてるんだ!

このゲーム、戦略SLGの様な内政も面白いんですが、数百人が入り乱れる戦闘シーンがアツイ!
味方の部隊には細かく指示を出す事も出来、丘の上に弓兵隊を一列に待機させておき、その前に盾を持った歩兵を整列させて弓兵を守り、敵部隊が近づいてきたら弓兵に一斉射撃を指示。近づいてきた敵の部隊に騎兵がチャージ!など。
「大部隊を指揮している」感が非常に楽しいのです。
攻城戦もかなり臨場感があって、燃えますよ。

今後、続編も出ますがこちらはマルチプレイも可能。
攻城戦を守る側と攻める側に分かれて戦うんですが、これもまた面白いんだー。
おすすめですぞ!

Steamや、GamersGate等のダウンロード販売サイトで購入できます。
普段は29ドルとかかな?自分はセールで5ドルで購入しました。

[ 2010/03/22 06:12 ] Action | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。