スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Clive Barker's jericho

先日、日本語化パッチが完成したという事で購入。
Steamで5ドル。

タイトルにあるとおり、作家として、クリーチャーデザイナーとしても有名な、
「クライブ・バーカー」氏デザインの不気味なクリーチャーと戦いながら、謎の遺跡を探索するFPS。

プレイヤーは「ジェリコ隊」の隊長になり、隊のメンバーを切り替えながら進めていく。

Jerichosquadpic1.jpg
                       俺たちジェリコ隊

どうですか。この一筋縄じゃいかないメンツは。
彼らは全員特殊能力を持っているんだけど、その特殊能力っぷりがまた凄い。

(左から)
コール:ずば抜けた頭脳の持ち主で、独自の「カオス理論」で現実世界をハッキングする。
アビゲイル:テレキネシスの持ち主。スナイパーライフルで、発射した弾丸をあやつり、3匹までの敵を一度に倒す。
ジョーンズ:幽体離脱で敵をのっとり、あやつる。
デルガド:こう見えてもシャーマン。右手に炎の精を宿している。普段は巨大な筒で封印しているが、
      力を解放して敵を焼き尽くす。でも自分もとてもあつい。
チャーチ:自分の血を使って、敵を捕縛する。でも自分もとても痛い。
ファーザー:神父。ヒーラーの能力で、倒れた仲間を復活させる。

こんなX-MENたちを迎え撃つのがバーカー氏デザインのグロテスクなモンスター達。

jericho1.jpg

こんなんとか。

CLIVE3_resize.jpg

こんなんとか。
まぁここらへんで勘弁してあげるとしましょう。

ここらへんの生理的嫌悪に訴えかけるようなデザインはさすがバーカー氏。
探索する遺跡の雰囲気も抜群で、グラフィックも美しく、好きな人にはたまらないゲームになっている。

まだ序盤を進めただけなので、ゲーム事態の出来に関してはあまりこまかく批評する事が出来ないんだけど、
とりあえずいいたいのは、隊のメンバー、つっこみすぎ。
(※修正。しっかりと指示を出し、こちらもしっかり優先順位をつけて倒していけば生存率は上がるようだ)。

まぁ、ストロングホールドが一生モン(いいすぎ?)なので、さすがにアレばっかじゃアレなので、
ちまちまこういうのも進めていこうと思う。

…関係ないけど、バーカー氏といえば「Tortured Soul」という氏のデザインのフィギュアがやたら格好いい。

talisac.jpg

悪趣味すぎ。
でも好きた。

しかし冷静に考えるとこんなのを飾っておいたら落ち着かなくてしょうがない。
スポンサーサイト
[ 2010/05/31 03:00 ] Action | TB(0) | CM(0)

ぽちっちゃった

http://game.gamesplanet.com/produit.html?product_id=1734&category_id=13

Gamesplanetで「Metro2033」が50%オフ。
S.T.A.L.K.E.Rシリーズはハマらせてもらったけど、
このゲームにはさほど興味はなかった。
でも、さすがにこれは買うでしょ。

ちなみにSteamにシリアルいれると認証される。
さすがにこれは買うでしょ。

というわけでポチっと。
[ 2010/05/31 02:05 ] Action | TB(0) | CM(0)

ストロングホールド



先日、SteamでStronghold Collectionが発売されたのをきっかけに購入してみた。
Stronghold
Stronghold Crusader + Extreme
Stronghold 2
Stronghold Legend
の詰め合わせ。

以前からこのゲームの評判は聞いていたけど、なんとなく見逃していたんだが…。
うかつだった!
ストラテジーは結構遊んでる方だと思うが、これはこのジャンルの中ではトップクラスの面白さ。

ゲーム内容は所謂リアルタイムストラテジーだが、操作するのは戦闘ユニットのみで、
生産関係のユニット(というか市民)は自動で働いてくれる。楽だ。

資源採集施設を立て、貯めた資源で施設や城壁や門、守備塔等を拡張していく。
ゲームモードはマップやシナリオによって「内政重視で決められた資源を一定数確保でクリア」「敵の領主を倒す」「フリービルド」など色々あるが、「一定間隔で攻めてくる敵から一定時間自分の城を守る」モードが楽しい。
丸裸の状態から、資源を貯め各種施設の建築や市民のご機嫌をうかがいつつ、鬼の様な兵力で攻めてくる敵を撃退出来る様、頭をひねって城のレイアウトを考える。
防御施設は弓兵を置いて遠くまで攻撃出来る守備塔や落とし穴、引火する油を地面にひいたり、城壁の上から煮えた油を降らせる等色々。城壁の周りの堀を掘って進入を阻止する事も勿論可能。
ここらへん、近年流行っているTD系(タワーディフェンス系)に通じるものがある。
敵AIが結構オバカで、城壁に一部穴を開けておくと、遠回りしてでもそこに向かうのでわざと城壁を迷路の様にしたりと、逆にそこがTD的戦略につながってる部分もある。

あまりに面白く、3日で30時間かけていっきに初代をクリアしてしまった。
まだまだ初代を楽しみたいんだが、とりあえずはおいておいて今はクルセイダーをプレイ中。

こちらは上記の「敵領主を倒す」モードがメイン。
自分の城を守りつつ、いかに敵の強固な城を攻略するかが問われる。
初代と共通のバリスタやラム、梯子兵に、今作ではステルス能力のある、投げ縄で城壁を上れるアサシンや、凄いスピードで敵の施設につっこんで放火する(自分も焼け死ぬw)奴隷など新ユニットも駆使して敵の城を攻略する。

敵の領主は複数キャラ用意されていて、それぞれ特色のある色々な形の城をきづいていく。
ゲームスピードを最高にして敵の城の建築具合を見てるだけでも結構面白い。
中にはあまりに分厚い城を作るため、隣の味方領主の城を壁で取り込んで、二進も三進もいかない状況に追い込んでたりしてるのが笑える。

こちらは50マップ中まだ6マップ。
この時点でかなり歯ごたえがある。先は長い。

クルセイダーが終わったら初代とクルセイダーのシングルマップを消化してから
エクストリームをプレイ予定。
さらには2とLegendがまっている。

また、このゲームはシリーズ全てマップエディタが搭載されている。
ストラテジーは結構マップエディタが付属しているゲームが多けど、まず使う事はない。
このゲームは自分でマップを作ってずっと楽しんでいたい、と思わせる魅力がある。

ただ、2とエクストリームは3Dで綺麗になってるがあまり評判はよくない。
初代とクルセイダーのグラフィックは正直今の目でみるとかなりシンプルだが、
ゲームの面白さとグラフィックの綺麗さの間には何の因果関係もない、といういい見本だろう。

このパックは29ドルだったが、かなりコストパフォーマンスがいい。
いい買い物だったと思う。
[ 2010/05/28 00:37 ] Strategy | TB(0) | CM(1)

ひさびさに更新

ちょっと色々あり、どうにもMMOやる気力がなく、
AOCもレベル40でちょっと中断。
課金だけしてオフラインレベリングだけは継続して、
気分がのったらまた復帰ということで。
拡張とかも買っちゃったしね。

で、その間ヤケクソ気味に「ストロングホールド・コレクション」にはまってた。
こまかい内容は洋ゲーカテゴリで書くとして、俺の人生の中で最も面白いゲームのうちの一つだと思う。

も一つ。
本日OBT開始の「ドラゴンネスト」がなかなか韓国産にしては手触りがいい。
ターゲットシステムではなく、マウスクリックで剣を振るタイプ。
範囲スキル使用時のヒット感なんかも悪くない。
町以外はインスタンスで、入る時に難易度を決め、最後のボスを倒すとランクに応じてアイテムが手に入る、
アラド戦記と同じシステム。
システム的に練り込んで、アイテム課金の価格を抑えれば結構良くなるんじゃないかな。
まーやり込むことはないと思うけどね^^;

※久々の更新ついで、WOWのカテゴリをなくして洋ゲー紹介メインに。
[ 2010/05/27 21:31 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

Starcraft2の発売日決定

スタークラフ2の発売日が7月24日に決定したようです。

http://kr.starcraft2.com/

まぁ、ブリザードの事なんで、本当に7月24日に出るかはかなり微妙なとこですがw
楽しみです。
[ 2010/05/04 21:59 ] Strategy Starcraft 2 | TB(0) | CM(0)

最近買った洋ゲーたち

○Dragon Age Origins
ようやく購入。
BiowareのRPGはどれも寝る間も惜しんでハマらせてもらいました。
これは日本語MODがまだ未完成と言う事で、MODの進行具合にあわせてまったりやろうかと。

○Battlefield Bad Company 2
海外リージョンなので普通はSteamで購入出来ないけど、
VPNを通す事で購入できます(やり方はGoogle先生に。自己責任で)。
完全日本語化されていますし、現時点で9000+のサーバーが立ってます。
BFシリーズは2142をやってましたが、これもさすがに面白いです。

○Fuel
Steamで3.7ドル。
Burnout Paradiceみたいなオープンワールドなレースゲーム。
ただし現時点であまりに売れすぎてシリアルが売り切れてしまってます。
起動出来ません…(解決に向けて動いてはいるそうですが)。

○Trine
こちらはDirect2Driveのセールで4.9ドル。
戦士・盗賊・魔法使いの3人を切り替えながら進む横スクロールACT。
名作の誉れの高いゲームだけあって、グラフィック、音楽、操作性等素晴らしい出来です。

○Gothic3
これもD2Dのセールで。
オブリみたいなゲームですね。
やるかどうかは微妙だけど、一応名作と言う事で押さえておきました。

○Shatter
スペースインベーダーエクストリーム+アルカノイドみたいな。
ブロック崩しなんで単純だけど、それだけに中毒性が高い。
テクノ系のBGMがどれも素晴らしい。
これだけの為に買った甲斐はあったかな。

○Torchlight
これもD2Dで、9.8ドル。
ディアブロ系でかなり評価が高いです。
確かに、良く出来ます。
が、ソロ専用なのがなぁ。
やりたいけど、やるもんなくなってから、じっくり。

○Kingodom for keflings
これは前の日記に書きました。
面白いです。
[ 2010/05/02 17:17 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

G13 Advanced gamebord

22662.png

G13ゲームキーボードを購入。
なかなかしっかりした作りでいい感じ。
価格comで最安値のイートレンド通販で6976円でした。
http://www.e-trend.co.jp/pcaux/166/1125/product_179257.html

この手の左手用キーボードは色々出てますが、
これはロジクールのGシリーズと言う事で、液晶がついています。
ここでプロファイル設定をしたり、ゲーム内の情報や時計、CPU使用率なんかも表示できます。

ただ、どうにもキーにひっかかりがあるのが気になる。
今までWASD操作だったのがジョイスティック操作ってのもなかなか斬新というか。
ま、まぁこれで慣れておけば色々なゲームで便利に使えるハズ。

以前ロジクールのG15ゲーミングキーボード使ってたんですが、
これも液晶付きでかなりサイバー感があってよかったんだけど、
ジンジャーエール零したら中の配線が全部溶けてしまい、お亡くなりに。
今はRazor+MicrosoftのReclusaってキーボードを使用中です。
左右にジョグダイアルがついてるけど、一度も使った事ないなぁw
[ 2010/05/01 13:48 ] 駄文 | TB(0) | CM(0)

A Kingdom for Keflings



「Kingdom for keflings」というゲームをご紹介。

このゲーム、結構前からXBOX live Arcadeで発売されていたんですが、
最近PC移植版が発売されました。
地味なゲームだと思ってあまり興味はなかったんですけどね。
ところが、ストラテジー系ゲームを良く遊んでる友人からいきなりプレゼントしてもらい、
せっかくなんで遊んでみる事に。

ゲームのジャンル的にはシムシティみたいな建設シミュレーションですね。
巨人であるところのプレイヤーが、小人であるところの「keglings」という、
なんだかわからんちいこい人を指揮して素材を集め、建物をどんどん建てて町を発展させていくと。

指揮の仕方は、Keflingをつまみあげて(この時ジタバタしながら「ミャー」とかへんな叫び声あげるのがキュート)資源ポイントに落とす、もしくは蹴り込む(!)と、勝手に採掘を始めるので、どんどん資源を溜めていきます。

施設の建築は、設計図で指定された材料を、指定された形にパズルの様に配置することで完成します。
最初からある初期生産施設で素材を作り、それを組み合わせて資源を加工する施設を作り、加工した資源で工場を作る素材を作り、工場で生産した素材を組み合わせてさらに上位の生産施設を作り、、、、と建築ツリーがやけに縦長でだんだんと資源とkeflingのやりくりに頭を使う様に。
最終的には城を建築するのが目的なんですが、城を建築しても延々と続きます。
ゲームオーバーもゲームクリアーもありません。
資源も無限に採掘ができ、間違って生産をしても破壊する事で資源が戻ってきます。
当然戦闘なんてものもありません。
ネガティブな要素は一切排除されています。

正直、一人で遊ぶには淡白すぎて即効飽きると思います。

が!このゲーム、マルチプレイで友人とボイチャとかしながらまったり遊ぶと大化けします!
友達と一緒に、何を建てるか悩んだり、建築物の素材を一緒に運んだり、レイアウトについてあれこれ言いながら遊ぶのは本気で楽しいです!
昨日、気がついたら5時間近く一緒に遊んでました。

このゲームはなんというんでしょうか。
子供の頃、友達と一緒に砂場で城を作ったりトンネルを掘ったりとか。
友達の家で、ブロックを使って一緒に色々と訳のわからんものを作ったり。
わいわい遊んだ記憶は誰にでもあると思うんですが、あの楽しさを思い出させてくれるゲームです。

デジタル公園の砂場遊び。
最近のハデだけど疲れるゲームに飽いたあなたにオススメですぞ。
[ 2010/05/01 01:50 ] Strategy | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。