スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

X3 Terran Con 所持している船のアップグレード

このゲームはなかなか文章にあわせたSSがとれなくて難しいね。

さて、4籍のMercuryを自動交易させ、その間に海賊狩りをしていたところ、
「Duke Demeter Super Freighter」という敵船を捕獲。
カーゴ容量が6000もある輸送船。さっそくTraiding System MK3を導入。STに出す。
さらにセクターを探索中に見つけたシップヤードで「Mistral」という輸送船を発見。
Mercuryより速く、かつタレットも4つつけられる。スピードもMercuryより30m/s程速い。

多少値段は張っるが、全てのMercuryをこれに乗り換えようか検討中。
でもメンドクサイんだよな…。

この船が売っているセクターに行くには危険な場所を通らないといけない。
いくらMistralがスピードが速い船だとはいえ、そこを通過させるのは難しいだろう。

となると、
1,UT中のMercuryを一箇所に集める。
3,スピードの早いDiscovererをそこに向かわせ、一台分のMercuryの装備をDiscovererに移す。
4,Mistralを購入して、そこへDiscovererを向かわせる。
5,装備をMistralに移す。
6,1に戻って3回繰り返す。

さすがにこれはやってられんなぁ。
現状すべての船にJumpdrive、Triplex Scanner、Fight Command Software mk1-2 をつけたが、
これも似た様な手順を繰り返してやった。今日一日かかった…。
これはこれで楽しい作業といえなくもないんだけどねぇw

ちなみにそれぞれ
○Jump Drive 「Energy Cell」を消費して違うセクターにワープできる。UT船には必須。
○Fight Command Software 遠隔操作の船の攻撃関係の命令を増やす。
UT船のタレットはこれで「Protect Ship」命令を与えておけば自動で反撃してくれる。
○Triplex Scanner 自機のレーダー範囲(セクターマップの円)を拡張。

Triplex Scannerはあまり必要の無いものだと思っていたが、とんでもなかった。
初めて入ったセクターは最初どこに何があるか判らない。
探索をして、レーダー範囲に建物が入って、初めて位置がわかる。
これが無いせいで今までゲートを探して何十分もセクター内を探し回ったのがバカみたいだ。

まぁ、そんなこんなで現状交易船は6隻。
今晩も放置で寝て、明日いくらになってるのか楽しみだな。
スポンサーサイト
[ 2010/09/25 23:16 ] SCS X3 : Terran Conflict | TB(0) | CM(2)

X3 面白いですよね。
もう少しUIが洗練されてれば楽しい作業がもっと楽しくなるのでしょうが。
[ 2010/09/25 23:30 ] [ 編集 ]

>??さん
確かに、インターフェースまわりは洗練されてるとはお世辞にもいえないですねw
なんだか難しいビジネスアプリケーションをいじってるような…。

自分はいまのとこ、難しい操作やシステムを理解していくのが楽しくてしかたがない状態ですが、
すぐにイヤになりそ~な気もしてます^^;
[ 2010/09/25 23:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackmalice.blog29.fc2.com/tb.php/105-fd3f70fa


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。