スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

X3 Terran Conflict Scriptを入れてみた

うろ覚えだが、全部で160セクター程度あった(と思う)X-UNIVERSEのうち、124セクターまで探索した。
せっかくなので発見したセクターにサテライトを配置していこうと手動でがむばってみたんだがあまりにもダルく途中で断念。30セクターくらいまではやったんだけどね。

で、せっかくなのでこの機会にScriptを入れてみる事にした。
今回は船が自動でセクターを廻ってサテライトを配置してくれる、「Automated Satellite Network」。
MOD版の入れ方が判らなかったので、同根されていたScript版を使用。
これはX3TCのインストールフォルダのScriptフォルダとTフォルダに放り込むだけで使える。

まずはサテライトを配置しえ廻らせたい船に「SPECIAL COMMAND SOFTWARE」をインストール。
Command ConsoleのSpecialから「Automated Satellite Network」を選ぶと設定画面が開く。

menu130.jpg

まず「Advanced Satellite」か「Navigation Relay Satellite」を選ぶ。
このScriptは自動でサテライトを購入してくれるので、選んだ方を購入・配置してくれる。
そして真ん中辺の「Arrangement」で「Single」か「8-point Box」かを選ぶ。
Singleはセクターの真ん中に1つ、8-point Boxはセクター内を網羅するように8箇所においてくれる。
後は「Start」を押せば、指定した船が勝手にサテライトを置いていってくれる。
どうやらJump Driveがあればワープも使用してくれるらしい。

ただ、設定に「Explore」があるがこれはOFFのままの方がいいだろう。
未探索のセクターまで探してくれちゃうので、探索の楽しみがなくなってしまう。

一晩程放置してみたが、見事に仕事してくれていた。
ほぼ全てのセクターにサテライトが!
これはいいね。便利。

ただ、危険領域にも見境無く置いていっちゃうので、
今まで1隻も落とされた事無かったUT船が3隻も落とされていた…。
Automated Satelliteを指定した船もいなくなっとった。

まぁ、これでさらにUTの効率が上がるだろう。色々な種族のShipyardも遠隔で使用出切るようになった。
そんなこんなで残高は4.3億クレジットまでたまった。
しかしこの後何しようかね。若干方向性を見失ってきた。
スポンサーサイト
[ 2010/10/03 23:19 ] SCS X3 : Terran Conflict | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackmalice.blog29.fc2.com/tb.php/111-8804bd8f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。